【予算6000円棚作る】ウッドシェルフDIYしたよ

スポンサーリンク




こんにちは!吉祥寺町田デジサポ&ショートボブ美容師【イイノタカユキ】です!

 

カメラ機材やちょっとした物置くのに棚が欲しいなーと感じてるイイノです。

さっそくネットでいろいろ探してみました。

「お!いいじゃん!」と思った棚は、軒並み高い、、、

1万、2万とか平気でしますね。

「こんな自分で作れそうなのに、なんでこんな高いんだろう、、、」

と思ったので、自分で作ることにしました。

ということでまず完成品から

スポンサーリンク

ウッドシェルフ

ウッドシェルフ

これを作りました。

わりとシンプル構造でカンタンでした。

ということで、作り方も記しておきます。

作り方

①材料を揃える

  • 木材→パイン集成材910×300、厚さ18mmを2枚
  • カラーアングル900mm×4本
  • カラーアングル用L字棚受け×4つ
  • カラーアングル用キャップ(脚にする用)
  • 木材用塗料
  • ネジなど

 

②木材を塗る

木材

今回ちょうどいいサイズの集成材があったので、カットせずにそのまま使います。

その木材の色塗りからしていきます。

今回はカインズホームのオリジナル商品のkumimokuの水性ステインのウォルナットで塗っていきます。

カインズホーム水性ステインウォルナット

この色は以前作った木の壁にも使ったので統一性を出すために同じ色にしました。

【DIY】ラブリコで木の壁掛け収納作りました!

ということでハケでペタペタ塗ってきます。

一度全体塗って、一度乾かして二度塗りします。

 

③カラーアングルにL字棚受けをつけます。

カラーアングル

カラーアングルに木材を設置するための棚受けを設置します。

ここはボルトで固定します。

下側にカラーアングルのキャップを付けてキズがつかないようにします。

 

④木材を固定します

先程の棚受けに木材をセットし、コーススレッドという木工用ネジで固定します。

L字の方は短めのネジで固定します。

 

⑤2段目も同じく固定します

2段目の高さはお好みで設定します。

お好みで3段目も付けてもいいかもしれませんね。

イイノは下にテントをしまいたかったので空間が欲しいと思い2段にしました。

 

というかんじで・・・

 

完成

ウッドシェルフ

まだ置く物が確立されてないので、とりあえずで置いてみました。

細かい機材とかもいろいろあるのでレイアウト考えて置いてみようかと思います。

 

まとめ

シンプルながらも求めるかんじに仕上がったので満足です。

強度的にあまり重たい物は置けないかなーと思うので、小物がメインになると思います。

カメラの機材や物撮りする時の撮影場としても使えるかな。

材料費はおよそ6000円ほどでした。

買うより安いし、サイズ感は調節できるのでDIYっていいですね。

 

所要時間は塗装の乾燥など含めなければ1時間くらいで組み立てられました。

木材やカラーアングルのサイズを変えればどんな場所にもフィットするのでぜひともやってみてください!

 

動画もあるんでよかったら!

イイノ
では!

【ご予約、ご質問、ご連絡はこちらから】

You Tubeチャンネル【イイノログV】はこちら

【美容師専門デジタルサポート】発信・集客・ブランディングのお悩みをデジタルでサポートします!
現役フリーランス美容師として活動するイイノが自身の経験とテクノロジーを使い、集客、発信、ブランディングにお悩みの方にデジタルサポートします。 無料相談ですのでお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク


 

【イイノのプロフィールはこちら】

町田【hair curu】はこちら

イイノの【レターポット】はこちら

イイノのほしいものリストはこちら

タイトルとURLをコピーしました