ヘアマニキュアした後はリンスやコンディショナーはしないほうがいい?

スポンサーリンク




こんにちは!吉祥寺町田ショートボブ美容師【イイノ】です!

 

初めてご来店頂いたヘアマニキュアのお客様に、

 

「これからはリンスやコンデショナーはしないでくださいね。」と説明したところ、

「初めて聞いた!!」とビックリしてたので記事にしてみました。

 

スポンサーリンク

はじめに結論

【色落ちするから】

です。

なぜ?色落ちするのか、ヘアマニキュアとはどういうモノなのか説明していきますのでご覧くだされ!

 

ヘアマニキュアとは?

ヘアマニキュア

髪の表面〜表面内部にイオン結合で吸着するもの。

酸性染毛料というカテゴリーになります。

髪のマニキュアというのをイメージしてもらえればいいかと。

ネイルのように表面に付くイメージですね。

 

メリット

・ダメージが少ない

・繰り返し施術できる

・ツヤが出やすい

・ビビッドな色がある(ブリーチ後などに使用した場合)

・カラーアレルギーがある方でもできる

 

デメリット

・明るくすることはできない

・黒髪ではほとんどわからない

・頭皮にや肌につくとなかなかとれないので、根元ギリギリまでしか染められない

・シャンプーの度に色落ちする

 

などなど・・・。

少し前にカラーのかぶれ問題が少し話題になりましたね。

カラーのかぶれの診断と対処法

 

カラーができなくなってしまった方はヘアマニキュアでしたら染めることができます。

髪や頭皮のダメージがなく、手軽に施術できますが、色落ちがやはり早いのがデメリットではあります。

 

ここで本題に。

なぜ、リンスやコンデショナーをすると色落ちしやすくなるのか?

リンスやコンデショナーは髪の表面に作用するものなのですが、ヘアマニキュアが染まってる所と同じ所に作用してしまうのです。

簡単に言うと混じりあって流れてしまうイメージですね。

シャンプーもなるべく低刺激の物を使って、リンスやコンデショナーは使わないというのが少しでもヘアマニキュアを長持ちさせる方法の一つになります。

トリートメントもモノによりますが、色落ちしやすくなるものもあります。

 

詳しくは担当の美容師さんに聞いてみよう!!

やはり髪質、ダメージレベルなどを把握している担当美容師に聞くのが一番ベストでしょう。

合うトリートメントなどをオススメしてくれると思います。

 

まとめ

ヘアマニキュアは表面に染まってるので、コンディショナーをつけると一緒に流れ落ちていまいやすくなる。

 

あとはあんまり熱いお湯じゃない方がいいですよ!

ステキなヘアマニキュアライフを!

 

イイノ
では!

【ご予約、ご質問、ご連絡はこちらから】

スポンサーリンク


 

【イイノのプロフィールはこちら】

美容師向け【デジタルサポート】もやってます

町田【hair curu】はこちら

イイノの【レターポット】はこちら

イイノのほしいものリストはこちら

タイトルとURLをコピーしました