PR

【家でたこ焼き】だし汁濃いめ多めで作ったたこ焼きがめちゃくちゃうまかった件

こんにちは!吉祥寺町田のショートボブ美容師【イイノ】です!

 

【追記】動画も作ったのでよかったらどうぞー。俯瞰撮影やってみたかったのがメインです。

 

 

家で作ったたこ焼きがめちゃくちゃうまかった

家でたまにたこ焼き作りたくなりますよね。

 

そんな時どうせならおいしいたこ焼きを食べたいですよね。

 

今回作ってみたのですが、今までの概念がひっくり返るほどのたこ焼きが完成してしまったので興奮気味にお伝えします!

 

何より一番のポイントは・・・

【だし汁】を濃いめで分量多めにいれる

というのがポイントでした。

 

なぜ、そんなことを知ってるかと言うと・・・

たこ焼きを家で作る時はアレを増やせ! プロに聞く自宅たこ焼きのレシピ - ぐるなび みんなのごはん
自宅で美味しいたこ焼きを作るレシピ・コツを紹介します。市販のたこ焼き粉を使ってたこ焼きを作る際、裏面のレシピに従って生地を作ると思いますが、そこに少しアレンジを加えると、味も食感もグッと良くなるのです。ポイントは粉に対して水多め、さらに水よりも濃いめのだし汁を使うこと。たこ焼き器はホットプレートよりガス式のものがオスス...

↑のヨッピーさんの記事にやりかたが載ってたので試してみましたという流れです。

 

結果「めちゃくちゃうまかった」

 

これまた必ず食べたくなるヤツなので自分用備忘録として作り方まとめておきたいと思いましたので筆をとっております。

では・・・

 

作り方

まずは準備物。

【たこ焼き器】

 

家にあったのがこちらのたこ焼き器なのですが、先程の記事内でのオススメはカセットのガスが使える・・・

 

こちらの「スーパー炎たこ」がよいそうです。

強火でサッと焼いたほうがいいらしいですよ。

でも、今回上のたこ焼き器でやっても美味しかったので今の壊れたら買いたいと思います。

 

【材料】

  • たこ焼き粉
  • タコ
  • 本だし
  • きざみ青ネギ
  • 揚げ玉
  • 竹串
  • ソース
  • 鰹節
  • マヨネーズ

です。

準備が整ったら・・・

 

生地を作る

 

・水を400ccに対して「本だし」を4g入れて混ぜ合わせる。

「本だし」は顆粒タイプのものなら水にも溶けるので顆粒タイプがオススメ。通常の分量より濃い目に作っております。

 

・作っただし汁にたこ焼き粉を100g入れてよく混ぜ合わせる。

ダマになりやすいので「だし汁に粉を入れる」という順番にすると混ざりやすいです。

それでもダマになりやすいので根気よく混ぜる。

 

・卵3個入れて混ぜ合わせる

一度卵入れ忘れて全然固まらないという凡ミスしたので、気をつけてくださいね。

 

・材料を切っておく

この辺は説明いらないですね。好みの大きさに切ってください。自分でやれば大きくできるのでいいですね。

 

焼く

生地をたこ焼き器に流し込んで焼きます。

少し焼けてきたら、竹串などで正方形に生地を切り分けてそれをたこ焼きの中に入れ込みます。

そして、クルッと回してまた入れ込みます。キレイに丸くなったらOK!

 

お好みでソース、鰹節、マヨネーズ、青のりをまぶして完全体となります。

 

完成!

ソースを今回「だしと醤油のたこ焼きソース」にしてみました。

 

自分はこれすごく好きです。
重くなくてあっさりしてるけど旨味があるかんじのソースです。おすすめ!

 

何が違うのか?

今までたこパとかする時ってたこ焼き粉の裏に書いてある分量通りに作ってたんですね。

それはそれでたこ焼きなのですが、焦げやすかったりすごく美味しいって領域までは至ってなかったわけです。パーティーの主イベントで「たこ焼きを自分で作って楽しむ」というかんじ。

 

でも、今回の作り方でつくると「ふわっふわでとろっとろ」の超絶美味しいたこ焼きが作れます。

だしが多めで粉が少なめの分量なので焦げるという失敗も少ないですし、生地にだしが効いてて素直においしいです。

 

これは定期的にやりたいレベルです。

 

これから家でたこパしようかな。という方には一度試していただきたいです!

今まで普通に作ってたのは何だったんだろう・・・と打ちひしがれることうけあいです。

 

ほんとにオススメなので騙されたと思ってやってみてくださいー!

 

 

イイノ
では!

【ご予約、ご質問、ご連絡はこちらから】

スポンサーリンク


 

【イイノのプロフィールはこちら】

美容師向け【デジタルサポート】もやってます

町田【hair curu】はこちら

イイノの【レターポット】はこちら

イイノのほしいものリストはこちら

タイトルとURLをコピーしました