動画撮影に必須!ZVー1用にフィルターアダプターと可変NDフィルターを買ったよ!

スポンサーリンク




こんにちは!吉祥寺町田デジサポ&ショートボブ美容師【イイノタカユキ】です!

 

 

SONYのVLOGCAM ZVー1とてもいいカメラで気に入って使っております。

SONY【ZV-1】買ったよ!動画も写真もこなせる万能機

 

使いこなそうといろいろしていくと、壁にぶつかる時があります。

 

スポンサーリンク

高速シャッターでパラパラムービー問題

明るい昼間の外で動画を撮ると、パラパラというかカクカクとした映像になります。

これはシャッタースピードが速すぎると起きる現象だそうです。

 

明るい屋外で絞りを開けてると、白飛びするのでシャッタースピードは速くなります。

絞り絞ると、ボケ感が少なくなります。

ZVー1でも多少ボケ感出せるので、そのボケ感を活かしたいとなると絞り開放気味で使いたいですよね。

 

その願いを叶えるためには【NDフィルター】というアイテムが必要になってきます。

NDフィルターは簡単に言うとサングラスです。

明るすぎる時に使うと適正露出にできるというまさしくサングラスの役割なのです。

 

なんとZV-1にはこのNDフィルターがカメラに内蔵されております。

8段分のNDフィルターが内蔵されております。

曇りくらいの野外ならこれでもイケる時はあるのですが、晴天の野外はこれでもまだ白飛びしていまいます。

 

ということでZV-1に外付けでNDフィルターをつけるためのアイテムから紹介します。

 

ZV-1用フィルターアダプター

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mm

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mm

 

 

まずはこちらのフィルターアダプターを購入して、フィルターを付けられる状態にします。

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mm内容物

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mm内容物

中身はこんなかんじです。

ガイドやクリーナーや外す時用のリムーバーやキャップまで付いてます。

ケースもそのまま持ち運び用として使えるので良きです。

 

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mmガイド

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mmガイド

こんなかんじでガイドが付いているのでズレる心配は皆無です。

親切設計でありがたいです。

 

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mm装着

LENSMATE レンズメイト SONY ZV-1専用クイックチェンジフィルターアダプターキット52mm装着

ZV-1に装着するとこんなかんじです。

ちょっとゴツくなりましたね。

 

これでフィルターを付けられる状態になりました。

NDフィルターだけではなく様々なフィルターをつけることが可能です。

 

可変NDフィルター

K&F Concept 52mm超薄型可変式NDフィルター

K&F Concept 52mm超薄型可変式NDフィルター

 

これが先程のサングラスの役割になるという【NDフィルター】です。

しかもこれは「可変式」なのでこのフィルター一枚で明るさを調節することが可能です。

晴天でも日陰に入ったり、少し曇ったりと刻々と明るさは変わっていきます。

そんな時にNDフィルターを付け外ししながら調節するってけっこう大変ですよね。

この可変NDフィルターならクルクルっと回せばNDフィルターの効き具合を調整できます。

 

K&F Concept 52mm超薄型可変式NDフィルター

K&F Concept 52mm超薄型可変式NDフィルター 濃いめ

この状態でしっかりと明るさを抑えられます。

まさしくサングラスってかんじですね。

K&F Concept 52mm超薄型可変式NDフィルター 薄め

K&F Concept 52mm超薄型可変式NDフィルター 薄め

こちらが薄めです。

先ほどとはだいぶ違いますよね。

フィルターの先が回転するようになっていて、そこで微調整ができるという仕組みでございます。

曇ってきたり、日陰に入った時は薄めにするといいですね。

 

ZV-1にNDフィルター装着

ZV-1にNDフィルター装着

ZV-1にNDフィルター付けました。

サングラス感で出てイケてるZV-1になりましたね。

 

ZV-1レンズキャップ

フィルターアダプターのほうですが、レンズキャップが付属してます。

ZV-1は電源オフ時にはレンズは隠されるので、NDフィルター用のキャップとして使うのがいいかなと思います。

 

可変NDフィルターのデメリット

大変便利な可変NDフィルターですが、デメリットもあります。

それは「画質の低下」と「色ムラ」が出るということです。

可変式ではないNDフィルターよりは画質の面で少し劣るそうです。

そして、NDフィルターの効かせ具合によっては色ムラがでます。

 

確かに、濃い目にすると変な所が濃くなりすぎてたりします。

内蔵NDフィルターも使って、そこにちょい足しくらいのかんじで使うのがベストかなというかんじでした。

 

 

まとめ

  • 明るい屋外での撮影にはNDフィルターが必須
  • ZV-1に付けるにはフィルターアダプターも必要
  • 可変NDフィルターは便利だけどデメリットもある

というかんじです。

ZV-1でシャッタースピードやF値を維持した撮影する時にはぜひともフィルターアダプターとNDフィルター導入してみてください!

 

 

イイノ
では!

【ご予約、ご質問、ご連絡はこちらから】

You Tubeチャンネル【イイノログV】はこちら

【美容師専門デジタルサポート】発信・集客・ブランディングのお悩みをデジタルでサポートします!
現役フリーランス美容師として活動するイイノが自身の経験とテクノロジーを使い、集客、発信、ブランディングにお悩みの方にデジタルサポートします。 無料相談ですのでお気軽にご連絡ください。

スポンサーリンク


 

【イイノのプロフィールはこちら】

町田【hair curu】はこちら

イイノの【レターポット】はこちら

イイノのほしいものリストはこちら

タイトルとURLをコピーしました