【キケン!】縮毛矯正の後にパーマをかけてはいけないです!

スポンサーリンク




こんにちは!吉祥寺町田のショートボブ美容師【イイノタカユキ】です!

夏の湿気でまとまらない、広がるという理由で【縮毛矯正】をかける方も多いと思います。

そして、少し涼しくなってきて湿気の影響も受けなくなった頃、、、

「ストレートも飽きてきたなぁ」となってきませんか?

じゃ、「パーマでもかけよう」と簡単に思うでしょうが、、、

スポンサーリンク

縮毛矯正した後はパーマはうまくかかりません!!

縮毛矯正に関しては↓の記事を!

縮毛矯正はサラサラだけど実はダメージ大!縮毛を「矯正」するんです。
梅雨ですねぇ(´Д`)ジメジメして髪もまとまりませんなぁ(´Д`)そんな時、縮毛矯正をする方も多いと思います。縮毛矯正はダメージが大きい?サ...

なぜ、うまくかからないのか?

縮毛矯正は熱の力を利用するのでタンパク質が【熱変性】しているケースが多いのです。

パーマもタンパク質に作用してかかるので、そのタンパク質が変性していると狙い通りのカールは出にくいのです。

では、どうすればいいか?

かけてしまった後でとなると。

・縮毛矯正がかかってる部分をカットする

・コテ巻きをがんばる!

すいませんが、そんなかんじの対応でしかないです・・・。

無理にやるとチリチリになりますぞ・・・・

なので、

 

縮毛矯正をかける前に・・・

「後々パーマもしたいかも」ということを美容師さんに伝えてください!!

そうすると、縮毛矯正のやり方を変えて、その後に対応できるようにしてもらえると思います。

アイロンを使わないとか、ボリュームダウンくらいの優しめの技術に転換することもできます!

 

髪の毛は薬剤を使えば必ずダメージが進行します!

なので美容師さんと先のプランも見据えて話してみてください。

縮毛矯正やブリーチなど強めの薬剤の場合は今後の話は不可欠です!

ダメージの限界でカットするしかない・・・とならないように。

ステキな矯正&パーマライフを!!

 

 

PS、美容師さんでも縮毛矯正することを「縮毛かける」と言う方がいらっしゃいますが、【縮毛】というのはすごい強めのクセの名称なので「縮毛かける」だとグリグリパーマをかけるという意味になってしまいますのでご注意を。小言でした。

あ、お客様が言う分には伝わってますのでだいじょぶです!

 

 

では!

スポンサーリンク


【ご予約はLINEでお気軽に!】

ヘアについての【質問】や【ご予約】はLINEで承ります。
来店前の事前カウンセリングや仕上がり写真の共有も承っておりますので↓の画像をクリックして登録よろしくお願いします。

【イイノのプロフィールはこちら】

予約、アクセス、メニューはこちら!

【デジサポ】もやってます!

町田【hair curu】はこちら!

イイノの【レターポット】はこちら!

イイノのほしいものリストはこちら!

タイトルとURLをコピーしました