髪のダメージの限界を突破した時にはこの方法しかないという事例ボブ

スポンサーリンク




こんにちは!吉祥寺町田のショートボブ美容師【イイノ】です!

皆さん髪の毛のケアしてますか?

何度かお伝えしてるのですが、髪の毛は一度ダメージを受けるとそれ以上回復することはありません。

https://takayukiiino.com/hair-is-dead

ですが、トリートメントをしたりダメージの要因になることをしないようにしたりする事でダメージの進行は防げますので、今からでも遅くないので行動にうつしましょう!

でも、悲しいことに限界を超えてしまうこともあります。
そんな時には方法は限られてきます。

まずはビフォーをご覧頂きたいと思います。

ハイトーンカラーを繰り返し、用があって黒染めもしているという限界を超えたパターンです。

しかもセミロングなので毛先に関してはもう、、、。

この状態になりたくてなる人はいないので、今回は蘇らせる方法として、、、

カットします!!

ダメージの部分を完全に切り落とし、毛先の厚みを復活させまとまりのある状態に戻していきたいと思います。

黒染めでムラになっているカラーもうまくなじませていきます。

バサッとチョキチョキ、カラーをヌリヌリ、、、

完成!!

まとまった!!

よみがえりボブの完成です。

だいぶダメージ部分は取りましたが予断は許さない状態ですので、日頃のケアに尽力していただきたいと思います。

ちなみに、ダメージの限界が超えやすい施術も伝えておきます。

・ブリーチ
髪の毛を破壊しにいっている施術ですね。ですが、ブリーチをしないと表現できないカラーもあるのでその後のプランが大事になりますので要相談です。

・縮毛矯正からのパーマ
「まっすぐに飽きたのでかけたいです」と言われることもありますが基本的にイイノはお断りしております。
熱変性してる髪にはうまくかからないことが多いです。カンタンなコテの巻き方教えますのでムリにパーマは控えましょう。

・黒染め
専門学生さんの実習の時期に多いですね。ガッツリ黒くすると色素が残ります。そして実習後明るくしたくてもならないケースがほとんどです。
期間によっては濃いアッシュなどで乗り切れることもあるのでこれも要相談ですね。
https://takayukiiino.com/dyed-black-does-not-work

まだまだありますが代表的な例として上記のようなものがあります。

髪の毛にも限界がありますので、なりたいイメージにするためにも日頃のケアは怠らないようお願い致します!

 

では!

スポンサーリンク


【ご予約はLINEでお気軽に!】

ヘアについての【質問】や【ご予約】はLINEで承ります。
来店前の事前カウンセリングや仕上がり写真の共有も承っておりますので↓の画像をクリックして登録よろしくお願いします。

【イイノのプロフィールはこちら】

予約、アクセス、メニューはこちら!

【デジサポ】もやってます!

町田【hair curu】はこちら!

イイノの【レターポット】はこちら!

イイノのほしいものリストはこちら!

This error message is only visible to WordPress admins

Error: There is no connected account for the user 2921880843 Feed will not update.

タイトルとURLをコピーしました