WordPressの投稿エディタを以前のヤツに戻す方法【Classic Editor】

スポンサーリンク




こんにちは!吉祥寺町田ショートボブ美容師【イイノ】です!

今回は・・・

 

スポンサーリンク

WordPressのエディタを前のものに戻したい!

という依頼が来ました。

そうなんです。WordPressのメジャーアップデート5.0から投稿するエディタがGutenbergというヤツになりました。

 

メジャーアップデートってガラリと変わるよっていうことなので、イイノはいまだにアップデートしてませんでした。

アップデートしてない

この記事書いてる今でもまだアップデートしてない

プラグインが対応してくるまで少し待っているというスタンスです。

特に今不便なことがないので、メジャーアップデートは慎重です。

 

一言結論いきます。

プラグイン【Classic Editor】入れるだけ

これ入れて有効化するだけ。公式プラグインなので安心ですよ。

一応やり方。

Gutenberg投稿画面

Gutenberg投稿画面

これがメジャーアップデート後の「Gutenberg投稿画面」です。

ちょいといじらせてもらいましたが、慣れるまで時間がかかりそうですね。

何事も慣れだとは思いますが、自分はもう少ししてからアップデートしようかと思います。

 

そして、「プラグインの新規追加」から

Classic Editor検索画面

Classic Editor検索画面

「Classic Editor」と検索すると出てくる↑の画像の左上のヤツです。

「インストール」して「有効化」だけでOK。すると・・・

 

WordPress投稿画面

前のエディタに戻った

以前のエディタに戻りましたー!

おなじみの安心感がありますね。

ただ、たぶんゆくゆくは新しい「Gutenberg」に統一されると思うので早めに慣れておくのもいいかと思います。

 

めちゃくちゃカンタンなのでアップデートしたけどやりにくくてストレス感じてる人は戻す方法ありますのでやってみてくださいー!

 

デジサポご相談も気軽にどうぞー!

 

イイノ
では!

【ご予約、ご質問、ご連絡はこちらから】

スポンサーリンク


 

【イイノのプロフィールはこちら】

美容師向け【デジタルサポート】もやってます

町田【hair curu】はこちら

イイノの【レターポット】はこちら

イイノのほしいものリストはこちら

タイトルとURLをコピーしました