直毛さんにラフなゆるウェーブパーマをかけました。

スポンサーリンク




明太子大好きイイノです。

年間の300日くらいは明太子食べてるんじゃないですかね?

食べ過ぎ注意だとは自覚しております。ググったら1日30㌘までにしときなさいと。

おにぎりの具なのでそんなに量は食べておりませんのでだいじょぶかと。

 

そんな明太子美容師イイノは直毛さんにオススメしたいことがあります。

パーマをかけましょう!!

コテ巻き上手だから別にかけなくても。って方はそのままコテでOKです。

ですが、「コテが上手くできない」「コテがめんどくさい」という方にはパーマはオススメです。

ダメージに関しては髪の状態にもよりますので、かけない方がいい場合もありますので毛髪診断させていただきます。

コテと全く同じかんじにパーマをするのは正直難しいのですが、直毛にカールがつくことのメリットも多いです。

直毛にカールがつくメリット

・柔らかい雰囲気になる

→直線より曲線のほうが女性らしい柔らかいイメージになります。

・寝ぐせがごまかせる

→なんとなくハネてても、パーマかけてますから雰囲気で乗りきれるとの聞き取り調査結果(飯野調べ)

・結んだ時もちょっとオシャレ

→カールがあるとただ結んだだけでも、毛先のふんわり感が出るのでちょっとオシャレ。
直毛の方をアレンジする時はまずカールをつけることから始めるので、それが最初からついてるかんじ。

 

そんな中、直毛さんが現れた

IMG_3888

なかなか長い直毛さんです。

コテもチャレンジはするけど、上手くいかないということでパーマすることに。

長い髪の方はたいてい毛先がダメージしているので、まずは毛先をカット。

今回パーマで動きがほしいので、巻く方向と巻き方を動きが出るように巻きます。

最後、トリートメントでケアしてガーッとかわかしたら完成。

IMG_3890

動きの出るラフなウェーブですので、ガーッと乾かしてOK。

もっとツヤのあるまとまりカールがほしい時は手グシをしっかり通して整えながら乾かせばOK。

つけるスタイリング剤もマット系だとラフウェーブに。

ウェット系だとツヤカールになります。

カールをつけるといろんなイメージにすることも可能なので、気分によって質感を変えたりするのもいいですね!

今回は長めのスタイルでしたが、ショートヘアにもカールはオススメです。

直毛がダメではなく、直線のいいところもあり、曲線のいいところもある。

どういうイメージにもっていきたいかや、お客様のライフスタイルによってデザインを変えていきますので、いろんな情報をいただけるといい髪型になります。

今回は直毛で少し雰囲気変えたい方へのメッセージでした!

パーマかけた後については↓の記事を。

パーマかけた後のウェーブの出し方とパーマの種類
「パーマをかけたのですが、上手くウェーブがでません。」と、お悩みの方がいらっしゃいました。自分がかけたわけではなかったので、よく話を聞いて毛髪診断して見...

では!

【LINE@】
ヘアについての質問やご予約などこちらから承ります。
登録するだけでしたら、どなたかわからないようになってるのでお気軽にどうぞ!

友だち追加数

スポンサーリンク



タイトルとURLをコピーしました