「イメージと違う!」失敗しにくい美容室での注文方法2つ

スポンサーリンク




こんにちは!吉祥寺町田のショートボブ美容師【イイノ】です!

初めて行く美容室、緊張しますよね?

大丈夫です!こっちも緊張してます!

でも、緊張すると伝えたい事が伝えられなかったりして思ったイメージにならないことありますよね?

そのためにできることを紹介します。

カンタンです!

まずは、、、、

スポンサーリンク

画像を用意する


「恥ずかしいから」、「モデルさんだからよく見えるから」などの理由により画像を出すことをしないというお客様の声を聞きますが、、、

初めての場合は絶対あったほうがいいです!

言葉ってあいまいで、「バッサリ切りたい」や「ちょっとだけ切りたい」って人によって違いませんか?

お客様の感覚もそうですし、美容師側の感覚も十人十色なのです。

それが掛け算のように組み合わさると言葉一つとってもどんなかんじにも受け取れてしまうのです。

美容師側がバッサリ切ったつもりでも、お客様としてはもっと切ってもよかったということや、ほんのちょっとだけ切ったつもりがお客様からしたら切りすぎたというケースはあります。

それを防ぐ方法の一つが
「画像でのイメージ共有」
なのです。

今の時代Googleさんで「ショート 髪型」とか画像検索すれば大量に出てきます。

その中でイメージに近いものを何枚か用意して頂けるだけで、美容師さんとのイメージのシンクロ率が上がります。

「全体の長さのイメージはこの画像で、前髪の感じはコレで、後ろの感じはこの画像です。」
など、3枚くらいあっても全然OKです!

そうすることで美容師側も「こういうイメージが好きなんだな」と理解することができ、イメージと違うということがグッと減ります。

そこからさらに毛髪診断や細かい部分を掘り下げてカウンセリングをとれるので、より成功率が上がります。

カウンセリングに長い時間をかけることも大事ですが、「言いたいことを言えない」という前提の元で考えると画像ありきで進めたほうがスムーズです。

あとは、、、

嫌いなイメージを伝える

これも大事ですね。

美容師さんも十人十色です。
育ってきた環境、経験、得意な技術などなど、、、。

たまに「とりあえず短くして、あとはお任せで。」という初めてのお客様がいらっしゃいます。

自分の場合はブログやインスタ経由で来て頂ければどんな髪型が得意分野かわかって頂けるので問題ないですが、そうではない場合の話ですね。

おまかせですと、その美容師の色が濃くでます。

それを楽しみにされる方ももちろんいますが、今回のお話としては失敗しにくい方法なので、「嫌いなイメージ」は伝えたほうがいいです。

例えば自分が推してるショートボブというスタイル一つにとっても、全体の長さ、段の入れ方、前髪とのバランス、顔周りのなじませ方、毛量の調節方法などなど、、、

お客様それぞれで全て変えてるので、挙げればキリがないほどです。

なので、そこで「こういうのはヤダ」というのを伝えて頂けるとそれを踏まえてイメージが作れます。

ショートボブでもカワイイかんじにもできますし、大人っぽいクールなイメージにもできますし、ラフでアンニュイなかんじとかもういろいろです。

なので、「短くはしたいけど幼く見えたくないです。」とか「あんまりかっちりしたかんじは好きじゃないです。」とか伝えて頂けるとシンクロ率がさらに上がります。

まとめ

・画像を数枚用意して、ある程度イメージを共有しやすくする

・嫌いなイメージを伝え、そうならないようにしてもらう

この2点だけで、イメージや理想に近いヘアスタイルになりやすくなります。

最初に行うカウンセリングはとても大事で、そこでほとんどが決まると言っても過言ではないです。

そのカウンセリングをスムーズに行うためには上記の2つを試してみてください!

美容師の上手い下手というのは技術の問題ではなく、イメージのズレの問題のほうが比率として大きいと思いますので、イメージ共有大事にしてみてください。

では!

スポンサーリンク


【ご予約はLINEでお気軽に!】

ヘアについての【質問】や【ご予約】はLINEで承ります。
来店前の事前カウンセリングや仕上がり写真の共有も承っておりますので↓の画像をクリックして登録よろしくお願いします。

【イイノのプロフィールはこちら】

予約、アクセス、メニューはこちら!

【デジサポ】もやってます!

町田【hair curu】はこちら!

イイノの【レターポット】はこちら!

イイノのほしいものリストはこちら!

タイトルとURLをコピーしました